相続税対策に生命保険の活用がおすすめな理由

相続税対策に生命保険の活用がおすすめな理由について簡潔にまとめました。

相続税対策になぜ生命保険が有効なのか?

それは生命保険の死亡保険金には相続税の「非課税枠」が設定されているからです。

「非課税枠」とはその名の通り、税金がかからない枠です。

そして、この非課税枠はいくらまでかというと

保険金の非課税枠= 500万円 × 法定相続人の数

まで、非課税枠が認められています。

法定相続人とは配偶者と子ども(子どもがいない場合は親、親もいなければ兄弟姉妹)のことです。
(詳しくは⇒勘違い多数!法定相続人の数とは~養子がいる場合は必読~

話を戻しますが、すなわち、生命保険であれば相続する一人当たり500万円まで税金がかからないというわけです。

ですので、単純に現金・預金で相続するよりも、生命保険に入っておいて、その死亡保険金を相続する方が相続税が安くなるというわけですね。

このように生命保険には非課税枠があるために多くの人が相続税対策に利用しているというわけです。
(その他の生命保険を活用したメリットは⇒生命保険を活用して相続税対策をする方法をわかりやすくまとめました。

相続税対策のためにどの生命保険に入ればいいのか?

では、どの生命保険に入ればいいのでしょうか?

また、今、あなたが入っている生命保険は相続税対策に使えるのでしょうか?

実はこれは単純ではなく、一般的には終身保険がおすすめですが、保険商品・会社ごとにメリット・デメリットがあります。また、死亡保険金受取人の設定を間違えると相続税対策にならない場合もありますので注意が必要です。

相続に特化したフィナンシャルプランナーに相談を

生命保険を使った相続税対策は上記の通りとてもメリットが高いので活用されることをおすすめします。

ただ、相続税対策としての保険の選び方、見直しについては相続に特化しているFPに相談することが必要です。

FPの中でも相続に関しては十分理解していないFPも多数います。そういったFPに相談してしまうと、保険の契約だけさせられてしまい、肝心の相続の悩みが解決できないまま終わってしまうケースもあります。

そうならないためにも相続に特化しているFPに相談するようにしましょう。

また、相続専門のFPであれば、保険に限らず、相続に関する手続き、申告、遺言、生前贈与等、トラブルを起こさないためにはどうすればいいか等の相続全般のサポートをしてくれます。

では、相続専門のFPはどうやって探せばいいのでしょうか。

おすすめはFP紹介サイトの保険のビュッフェ(相続専門相談)を利用するという方法です。

オフィシャルサイトをを見てもらえればわかる通り、保険のビュッフェでは相続対策に特化してサービスを展開しており、「相続専門のFP」に相談することが可能です。

他のサイトでも、もちろん、相続の知識があるFPはいるかと思いますが、より確実にいくのであれば素直に相続に特化している保険のビュッフェの利用がおすすめです。

しかも、無料で相談できますので、相続についてお悩みがある方はぜひご利用ください。

保険のビュッフェ(相続専門相談)

相続税対策は早く始めないと後々のトラブルに・・・

多くの人が相続に対する準備がなく、相続事案(死亡)が発生してしまい、相続税発生後に税金の支払や手続きなどでお悩み相談に来る人が多いようです。

ですが、相続が発生してからでは相続税対策をすることができません。

結局、相続放棄という形をとってしまい、財産を減らしてしまうケースが多いようです。

ですので、相続税対策はできるだけ早く始めることが必要です。

後々面倒なことにならないためにもできるだけ早く専門家のアドバイスを受けるようにしてください。

相続専門FPへの無料相談はこちら